Fab Archive

IMG_2346

機材で何ができるの?- No,3 –

随分と更新が遅れてしまいましたが、
久しぶりにファブラボ大分の機材で何ができるの?の時間です!

3回目の今回は、カッティングマシンです。
Silhouette-Cameo これまでの機材と同じようにデータを元に、ステッカーシートや紙をカットしてくれる機械です。 ただしIllustratorのデータは対応されていないので、 一度SilhouetteCAMEOのソフトウェア上で変換する必要があります。
また、印刷機能はついていませんので、カラーのデータをお持ちいただいても、 出来上がりは一色、または別途作業が必要となります。

なにはともあれ、これを使うとどんなことができるのかを見ていきましょう。
メッセージ ラボのトイレドアに貼っている注意書き。
このようなメッセージやちょっとした案内にステッカーを切り出すことができます。
FabLab Oitaロゴ ファブラボ大分のロゴ。
階段や窓などあちこちに貼っています。
このようなステッカーシートは200mmx100mmあたり100円で販売をしています。
まずは試してみて、必要に応じてロールで購入し、持参されている利用者の方もいらっしゃいます。

また単純にステッカーとして使う他に、 ステンシルとして使える場合もあります。
IMG_2841
8fabulkaとして、私が製作した簡易シルクスクリーンTシャツ。
これもカッティングマシンで版をつくって、型を作りました。

シールをつくれるということで、子どもたちとのWSでも大活躍なカッティングマシンですが、 手間がかかったり、苦手なところもあります。

この機材、データに基づいてカットしてくれるのですが、レーザーでカットするわけではなく、 物理的な刃で切り出していきます。
その為、あまりに細かい柄や絵の場合は、カッターの刃にステッカーがくっついて外れる場合もあります。
カッターの刃は、シートにカット線を入れるだけになりますので、
機材の作業が終わった後に、いらない部分を自分の手で剥いで行く作業が出てきます。 ここもあまり細かいデータだと綺麗に剥がしていくのが大変になってきます。。。
ちなみに8のTシャツ用でつくったシートは、剥がすのに1時間近くかかりました。。。笑

と難しい部分もお伝えしましたが、
この他にも応援メッセージボードなど、ステッカーが貼れる場所であれば、 使い方はいろいろありそうです。
もちろん車などに貼っても問題ありませんし、店舗の窓などに貼ることも可能です!!

また、印刷はできないですが、パーツごとに色を変えてつくってしまえば、 ある程度の色の表現は可能です。

カッターの刃をボールペンなどに差し替えて、 プロッターのように使うこともできそうですよ。

ということで、カッティングマシンの簡単なご紹介でした。
ご質問等があれば、お気軽にお知らせくださいね〜!!
レーザーカッター(MDF)

megane

FullSizeRender 5?FullSizeRender 7

FullSizeRender 6

材料:MDF2.5mm

使用機材:レーザー加工機、カッティングマシン

その他:木工用ボンド

 

PDFデータ:megane

 

IMG_1230_2

MDF chair 02

design by MASAtoshi OKA

IMG_1193_2

MDF chair 01

design by MASAtoshi OKA

別府八湯を紹介しよう

別府八湯を紹介しよう

別府八湯を紹介しようオープニングワークショップで作られた作品です
レーザーカッター

sample06

レーザーカッター

1312_8DSC_4149

sample05

3Dプリンター(石膏用)での出力はホワイト(モノクロ)となります。1312_8DSC_4149

3Dプリンター1

sample04

3Dプリンター1